読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

boban10ban’s diary

ごく普通の40歳のサラリーマンが、日々のあれこれをつぶやいております。

安保法案

 安保法案が成立し色々なところでニュースになっています。
 デモを行っていた女性の方がテレビに言っていた発言で気になることがありました。
「これだけの人が集まって声を上げているのに、国会ではいっこうに関心を持ってくれない(配慮してくれないだったかも)っていうのは悲しいです。」
言葉の詳細は多分間違ってますが、主張の内容は正しいはずです。
 つまりデモに集まった人たちの主張を汲み取れという発言だったと思います。

橋下徹市長がツイッターで述べていましたが、デモという行為自体は国民の自由として認められてしかるげきだと。しかし、だからと言ってそれが100%通るとか意見として認められるとかそれは民主主義としてあり得ない(こちらも詳細の文言に責任は持てませんが主張はあっているはずです)と。
 
僕は橋下徹市長の意見に賛成です。デモをやるなら選挙の時にやればいいんです。大きく国政に影響を与えたいならやはり選挙です。デモで国政がひっくり返ったら革命じゃないですか!?

 僕個人的には、安保法案は現実路線としてありだと思うのですが、憲法改定が先にあるのが筋だと思うので、その辺でゴタゴタしたなぁと思います。憲法を改正するまで自衛隊の活動を今のままにしておくことは、外交上国益に反すると思うので、僕はありだったという意見です。ただ、これによって未来の内閣が明らかに悪い見本として憲法解釈の閣議決定を行うリスクはできてしまったと思います。前例としてですね。