boban10ban’s diary

ごく普通の41歳のサラリーマンが、日々のあれこれをつぶやいております。

本の感想

【ブッダの瞑想法】
地橋秀雄著

  先のアルボムッレ・スマナサーラさんの本を読んで気合いを入れ直し、この正月休みに瞑想生活に突入したわけですが、こちらの著書は僕の理解しやすい表現と理論立てた話の展開が非常に心地いい本でした。特にヴィパッサナー瞑想において何が一番大切なのかを説き、瞑想の中で実践者が取るべき態度における許容範囲を正確に書いてくれています。初心者にありがちな妄想に注意がそれてしまう事態にもどう臨むべきか記されており、何が良くて何が良くないのか理解でき大変参考になりました。
  初心者なので本当は何人もの先達の意見を織り交ぜるより、1人に傾注した方が瞑想の上達度は早いのかもしれませんが、セカンドオピニオンということで読んでみて良かったです。自分なりに考えながら瞑想に取り組めるような気がします。
  指導者により良いと言われること、駄目と言われることがあるのもわかり、それを自分の中でどう納得感を持って瞑想に臨むかではないでしょうか?スポーツでも同じですよね。先日からキックボクシングを始めましたが、youtubeで紹介される内容と僕の行っている所では違う指導も行われている事がわかります。でも、こんな入り口で初心者が好き嫌いを言ってみたところで、しょうがないんだと思います。
「実践」
してなんぼです。

  副題に書いてある【ヴィパッサナー瞑想の理論と実践】の理論は、すっと心に入ってきました。大事なことは何回も繰り返し書かれているので記憶に定着しやすいように思います。
  また、瞑想の体験例と成果を理論で裏付けて話してくれるので、自分のやっている事の先が見通せるのも嬉しいですね。
f:id:boban10ban:20160102224301j:image