読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

boban10ban’s diary

ごく普通の40歳のサラリーマンが、日々のあれこれをつぶやいております。

仕事で悩んだ過去のつぶやきが!

仕事が少しずつ良くなり始めたと投稿しましたが、ふと下書きを見たら昔のつぶやきが残っていました。

いやはや、悩んでますね。昔の僕は。

今も当然気持ちの浮き沈みはあるんですが、昔は本当に沼にはまったような悩み方ですね、これは。


(以下昔のつぶやきから)
翻って、最近の感覚的な不調はどこから来たのか?ずっと考えています。感謝の気持ちがわき起こらない、人を罵倒したい衝動がとまらない。

離婚の前後から気持ちに余裕が出て、生活の全てが感謝の対象になるようなあの清々しい日々が嘘のようになっています。全ての不条理に対しても、
「世の中不条理にできてるんだから」
と、割り切れていた気持ちがなくなりつつあります。何か受け入れなくてもいい物を受け付けているのかもしれません。

 会社の立場上、人の仕事を管理するようになり、仕事ができてない人の注意や、それを忠告してくるチームメイトの不満。それを受け付けて解決に導くのが僕の仕事。そう思っていますが、そんなよそから来た不満が僕の体に堆積しているのかもしれません。

 上司の面々も変な政治の要素が強くて、まっすぐに気持ちを立てることが難しくなっていると感じます。理不尽な事を言う上司に対しての抗弁を日々考えては心がすさみ、ベテランのチームメイトがのらりくらりと仕事の言い訳をする。それへの不満を日々募らせる。そうやってできた黒い塊なのかもしれません。

きっと僕の顔には暗い影がさしているのでしょう。いわゆる自己肯定感・強いエフェカシーがなくなっているのだろうと思います。どうやって取り戻したらいいのかわかりません。
 できる事をしたらいい。そうやって若い社員にアドバイスした事がありましたが、それは僕自身への忠告なのかもしれません。進んでいるという実感のない中、それでも笑顔を絶やさず、掃除や挨拶を欠かさず、そうやって暮らす事への試練なのでしょうか?

もう少しこの事を考えてみようと思います。


(日を改めてまた)
さらに根が深いのは、生活全般に無力感が漂い始めていることでしょうか。気力がないというか自信が持てないというのでしょうか、上辺で生きている感じが僕の心をさらに荒んだものにしている気がします。
いつしか楽しい毎日は無くなり、業務的な毎日が続いています。

本当に逃げたいと7年ぶりくらいに感じるようになりました。仕事から逃げたい。できない理由ばかり心の中で反芻しては逃げる口実を心で唱えています。

孤独です。

当然職場のチームメイトにはこんなこと言えません。友人にも言えません。誰にも言えない孤独と戦うのが課長という立場の宿命なんでしょうか?

つまらないんですよね。仕事が。以前は楽しかったと思え、人に影響を与えることができると思えるくらい充実していた日々が嘘のようです。

(以上)

この頃の僕は、その上司の面々が自分達の保身に僕を管理職にあげてやり過ごそうとしているそんな政争に巻き込まれることに本当に嫌気がさしていて、
「望んで管理職になったわけじゃないのに」
というどこか屈折した部分を持っていました。

腹を据える

それがなってないもんだから、不満ばかりが出る出る。

決して今がうまくいっているわけではありませんが、心の向きみたいなものは真っ直ぐに立て直すことができていると思います。