boban10ban’s diary

ごく普通の40歳のサラリーマンが、日々のあれこれをつぶやいております。

W800改W650カスタム〜第4章〜

決算前。

仕事に忙殺されるピークを乗り越え、鬼の13連勤をこなしてきました。うち9日間は出張ということで、ホテル暮らしの毎日でした。

 

今日は束の間の休みです。

 

気になっていたんですよねぇ。

 

バイク。

 

ホテルではすることもなく、おそらくはW650で検索されるyoutubeを見尽くしたと言っても過言でないでしょう。

ついでに、「triumph bobber」でも。

 

KIDさんもなかなかブログを更新してくれないので、今日はアポなしの突撃レポートを敢行しました。

 

前回は丸裸のW650にタイヤが装着されたところまで、お披露目されておりました。

 

f:id:boban10ban:20160914140338j:image

今日のW650。

 

f:id:boban10ban:20160914140426j:image

全体のバランスを整えてもらっていたところでして、フロントを約5センチほど下げてみたようです。

 

イイです!!

 

ノーマルだとけっこうフロントが立ち上がった感じになっていたのが気になっていたんですよね。私としては低重心で平たい感じが良くって、それって上手く伝え切れたかどうか心配してました。

 

前からの見た目も好きです。

f:id:boban10ban:20160914140700j:image

ちょっとわかりづらいんですけど、タイヤが3インチ幅で細いんです。普段フロントタイヤに視線を遮られ、正面から見てエンジンを意識することはそうはなかったと思います。なのでタイヤの存在が小さくなることで、正面でもその後ろに控えるエンジンがハッキリと見えてて綺麗でした。そこまでの計算はしてなかったので、今日新たにタイヤサイズの選択に間違いはなかったかなと思いまました。

 

f:id:boban10ban:20160914141734j:image

プリプリのfirestoneです。丸くて大きなお尻は見応えがありました。

いや、ホントに毎日のようにタイヤのサイズを思い浮かべていた日々が報われた感じです。

いろんな写真を見ていたあの日。16インチはけっこうボリュームがすごくて

「お尻が大きすぎるんじゃないか?」

と思い悩みました。現物を見に大阪に行っても店は閉まっているし、近所のバイク屋では16インチに相当するタイヤは置いてないし、ここまでくるとあとは潔さに全てを賭けるしかなかったわけです。

実際は写真ほど大きなお尻とは感じないし、それなりに主張もしていてかわいいもんです。もし、大きなおケツをバイクに望むような方は、もっと15インチとかにしないと「ブリブリ感」は出ないでしょうね。私は「プリプリ」で良かったので思い通りです。

 

次の宿題をもらって帰ってきました。

 

「外装をそろそろ考えないといけません。」

 

タンクは紺色にしてくらいのことは考えておりましたが、フェンダーの色や素材。特にアルミを使用するなら大きく路線と金額が変わるのでと言われました。

f:id:boban10ban:20160914143231j:image

KIDさんが以前手がけたW650はこんな感じでアルミの質感をフルに生かしたバイクになっております。

これとは違い、色で塗り固めてしまうならアルミは高いしもったいないと。

 

さて。

また考えてみようと思います。